e燃費向上〜燃費ランキング・比較〜

ガソリンが高い昨今、燃費を向上させる方法(e燃費)。あなたの車の燃費度は?燃費ランキング付き。

★ 燃費向上グッズ ★
お薦めグッズ紹介

燃費マネージャー
燃費マネージャー

数々の賞を受賞
誰でも簡単に燃費向上!

燃費マネージャーの詳細
燃費マネージャーの申込

デンゲキパイプ
デンゲキパイプ

ガソリン代節約の最終兵器
燃費計算が楽しみ!

デンゲキパイプ 詳細
デンゲキパイプ 申込

ネオソケット
ネオソケット

取り付けラクラク。
シガーライターソケットに差込むだけ!

ネオソケット 詳細
ネオソケット 申込

燃費を向上させる方法をご紹介します。燃費向上ドライビング方法やあなたの愛車の燃費度の図り方、お薦めの燃費向上グッズ、低燃費車ランキングをご紹介。
燃費とは

「燃料消費率」が正式名称です。燃費は車が1リットル当たりの燃料(ガソリンや軽油など)で、何キロメートル走行することが出来るのかを表したものです。

ガソリン暫定税率について

自動車を所有している人には気になるのがガソリン価格です。

このガソリン価格は最近では乱高下するものだと誰もが実感しているのではないでしょうか。

思い出せば2007年はガソリン価格が上昇したとこによって、来週はもっと価格が上がりそうだという情報が入ったら、ガソリンスタンド、特に格安をうたうところには大渋滞となって利用者としては大変な時期を経験した記憶はまだまだ新しいのではないでしょうか。

しかし、ガソリン価格が話題に上がったのは2007年だけではありません。実は翌年の2008年にはガソリン価格に含まれる税金のことで話題に上がっていたことを覚えていますでしょうか。

このときに話題になったのが「ガソリンの暫定税率」とよばれる税金のことです。
そこで当時を思い出しながら「ガソリンの暫定税率」についてご説明したいと思います。


2008年の3月末のはニュースなどで連日のように取り上げられていたこの話題は「期限切れとなるガソリンの暫定税率が期限延長されるのかどうか」という話題でした。

 



暫定税率、できごと

ガソリン価格の仕組みはガソリン本体の価格とガソリン税(石油石炭税・揮発油税・地方道路税)と消費税で構成されています。揮発油税へガソリンの暫定税率がかかており、この税率で約25円上乗せされています。

ガソリンの暫定税率は1974年に作られたもので、2008年3月末までなと再延長を繰り返して30年以上も続いたというもので、名前の暫定とはかけ離れたものだったのです。

このガソリンの暫定税率ですが、当時野党だった民主党などの反対によって3月末で一旦期限切れとなったのですが、与党である自民党によって衆議院で可決される5月までの間、一定期間でしたがガソリン価格が安くなったのです。この時もガソリンスタンドは大渋滞でした。



トップページへ





最終更新日: 2015年04月06日
   
| リンクについて | 運営団体 | 免責事項 | サイトマップ |