e燃費向上〜燃費ランキング・比較〜

ガソリンが高い昨今、燃費を向上させる方法(e燃費)。あなたの車の燃費度は?燃費ランキング付き。

★ 燃費向上グッズ ★
お薦めグッズ紹介

燃費マネージャー
燃費マネージャー

数々の賞を受賞
誰でも簡単に燃費向上!

燃費マネージャーの詳細
燃費マネージャーの申込

デンゲキパイプ
デンゲキパイプ

ガソリン代節約の最終兵器
燃費計算が楽しみ!

デンゲキパイプ 詳細
デンゲキパイプ 申込

ネオソケット
ネオソケット

取り付けラクラク。
シガーライターソケットに差込むだけ!

ネオソケット 詳細
ネオソケット 申込

燃費を向上させる方法をご紹介します。燃費向上ドライビング方法やあなたの愛車の燃費度の図り方、お薦めの燃費向上グッズ、低燃費車ランキングをご紹介。
燃費とは

「燃料消費率」が正式名称です。燃費は車が1リットル当たりの燃料(ガソリンや軽油など)で、何キロメートル走行することが出来るのかを表したものです。

燃費向上グッズ 燃費マネージャーの口コミ・評価

「燃費マネージャー」を使ったことがある方々の感想をまとめてみました。
きっと参考になりますのでご覧ください。

→  燃費マネージャの申込・販売情報一覧

 



燃費マネージャーの口コミ・評価

取り付けが凄く簡単でした。燃費が目で見て分るので、低燃費運転の技術向上にもつながりますね。ガソリン代を抑えたい人にはおすすめです。


固定方法がただの両面テープじゃなく、マジックテープ二つのだったので、この点も良かったです。


センサーなどの取付作業は必要ないので簡単に設置、配線できます 10分くらいでできました よく使用しているのは瞬間燃費表示機能ですガソリンが高くなってきているのでメーターフードの横に置きチェックしながら運転しています アラーム機能もあるのでなにかと使えます。


以外に簡単に故障診断コネクタが見つかり接続し、燃費を見てみるとこれまた以外によかったのでうれしかったし、水温まで見れるので更に満足です。これによりエコドライブを心がけたいですね。


本商品を取り付けるとすぐに燃費が向上するものではないですが、無駄にアクセルを踏むことがなくなりました。
如何に日々の運転に無駄が多いか判る商品です。
特に発進時のアクセルワークに気を使うようになりました。
商品は結構大きめですが、このくらいの大きさがないと液晶に書かれている文字が読めないと思います。
これから2回目の給油が済むと、正確な燃費が判ると思いますので、今から楽しみです。


燃費向上には至りませんが、自分のアクセルーワークで燃費も変化すると思います。
また、水温、瞬間燃費、平均燃費などが分かりとても良い感じです


燃費のいい最適なアクセルワークがわかります。
燃費よく走りたいと意識しますしね。
もともと負圧計でGDIの特性はつかんでいましたから、最高燃費は変わりませんが、その効果は実証できました。 GDIユーザは負圧計とセットであるといいですね。
なにより水温などその他の情報がわかるのが楽しいです。
アラーム値設定も可能ですから、うっかりオーバーヒートを見逃すこともなくなりそうですよ。


故障診断コネクターに接続するだけの簡単設計なので、誰でも取り付ける事ができると思います。
但し、本体がかなり大きく設置場所には苦労しました。
使ってみての感想は液晶表示が大きく見やすい。
刻々と変化する燃費計に、いかにアクセルワークに気を使わないといけないか分かる。


今まで燃費向上グッズをいろいろと試しましたが、この製品を使用して平均燃費が大幅に向上しました。
都心のSTOP and GOの連続では気にしすぎるとスムーズな走行ができなくなりますが、高速走行では瞬間燃費を気にしてアクセルコントロールすることで安定して14〜15km/L出ます。
カタログの10.15モード燃費11.4km/Lを超えることなんかないと思っていたので驚いています。
今後はこの装置を使用して、新しい燃費グッズの効果を測定したいと思います。


インテークマジック取り付けで悪化したが、燃費マネージャーの表示を参考にアクセルワークで燃費が向上した。
燃費計が付いていない車にはお勧めです。


商品の取り付け後の良い点は、
(1) 平均・瞬間燃費が運転中に確認できる。
(2) 燃料の使用量が確認できるので、給油ランプが点灯後、すぐに給油しなくても安心かな。
(3) 水温が確認できるのも面白いかな。
メーターの表示は「瞬間燃費・水温・車速」にて使用しています。


使うことによってトヨタ特有のインテリジェントロックアップと云う賢いATの制御が『瞬間燃費メーター』でダイレクトに見ることができます。
効果として(1)不必要にアクセルを踏まないようになりました。
(2)燃費が向上したことによって1回の給油の間、550km走行できます。(以前までは約400km程度でした)


HKS社のCAMP(燃費情報表示装置)のように瞬間燃費・平均燃費・車速(スピード)・走行距離・水温・エンジン回転数・燃料使用量が表示でき、カーナビやテレビなどがなくても取り付けられるのがうれしい。
これで直接燃費がよくなるということはないけど、今までの運転の仕方で燃費がいいと思っていたのにも間違いがあるのに気づいたし、瞬間燃費がわかるので、走行時のアクセルワークを駆使していけば燃費向上に間違いなくつながっていく!
故障診断コネクタに挿しこむだけで面倒な各センサごとの配線作業は一切しなくていいのが素人にも簡単に出来てすごくうれしい!
また、本体が小さめでありしかも逆さまにして、ケーブルの方向を逆側にすることが可能なのでどっちから配線を持ってきても取り付けられるので取り付け場所を選ばないのがいい。


自分の車の瞬間燃費状態が明確に分かりますので、確実な燃費走行が可能です。
又、心理的な効果でアクセルの踏みすぎが抑制される・・・と思います。
今後他の燃費グッズを取り付けた場合の燃費計算がかなり正確に行えると思います。



トップページへ





最終更新日: 2015年04月06日
   
| リンクについて | 運営団体 | 免責事項 | サイトマップ |