e燃費向上〜燃費ランキング・比較〜

ガソリンが高い昨今、燃費を向上させる方法(e燃費)。あなたの車の燃費度は?燃費ランキング付き。

★ 燃費向上グッズ ★
お薦めグッズ紹介

燃費マネージャー
燃費マネージャー

数々の賞を受賞
誰でも簡単に燃費向上!

燃費マネージャーの詳細
燃費マネージャーの申込

デンゲキパイプ
デンゲキパイプ

ガソリン代節約の最終兵器
燃費計算が楽しみ!

デンゲキパイプ 詳細
デンゲキパイプ 申込

ネオソケット
ネオソケット

取り付けラクラク。
シガーライターソケットに差込むだけ!

ネオソケット 詳細
ネオソケット 申込

燃費を向上させる方法をご紹介します。燃費向上ドライビング方法やあなたの愛車の燃費度の図り方、お薦めの燃費向上グッズ、低燃費車ランキングをご紹介。
燃費とは

「燃料消費率」が正式名称です。燃費は車が1リットル当たりの燃料(ガソリンや軽油など)で、何キロメートル走行することが出来るのかを表したものです。

燃料消費の仕組み

では、どのような動作をすると自動車の燃料は消費されるのでしょうか。
あまり深く考えたことは無いかもしれませんが、
知っておいて損は無いことですので燃料消費についてみていきましょう。

 



例えば、あなたが自動車を運転していた場合、
このような場面で燃料を消費していることになります。

  • 信号が青になってアクセルを踏んで加速するとき
  • 信号が赤になって停止しながらエンジンが動いているとき
  • 坂道の道路をあがっていくとき
  • 追い越し車線で加速するとき
  • 高速道路で加速するとき

などなど、もっと色々な場面があるでしょうが、
基本的には「アクセルを踏んでいるとき」が燃料を消費していることになります。

このことをもっと簡潔に述べると、
あなたの自動車はつぎの4つの動作をすることになります。

  1. 発進・加速
  2. 巡航(一定の速度で走行している状態)
  3. 減速
  4. 停止

どの場面でも基本的には燃料が消費されているわけですが、
燃料の消費の度合いが異なってくるのです。

「発進・加速」の際は、自動車に余分なエネルギーが必要とされるため、
あなたはアクセルを床まで踏みつけた場合、多くの燃料が消費されているのです。

「停止」していたからといって燃料が消費されていないというのは誤解ですが、
アクセルから足を離しているのでガソリンはほとんど消費はされていないのですが、
燃費について考えているあなたにとっては、
アイドリングは思っている以上に燃料を消費してしまうということを、
しっかりと覚えておいてくださいね。



トップページへ





最終更新日: 2015年04月06日
   
| リンクについて | 運営団体 | 免責事項 | サイトマップ |